読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎧を脱いで。

 

 

行ったり、少し戻ったり。

季節が少しずつ、冬に入ってきました。

霜の降りた畑を見ると、霜柱を探しては踏み歩いた小学校の通学路を思い出します。

その頃より今の方が、じつにのんびりと、田舎に暮らしているなあなんて思いながら。

 

 

 

さてさて。昨日。

友人から来たメッセージに、何気なくこんなことを返信しました。

 

結婚なんて、してもしなくても良いじゃあないか

好きなひとと触れ合って、およそ存在する全ての感情を体験して

そういうことこそが、生きるってことで、人間に生まれた意味でもあるとおもうよ

 

と。

 

今になって、ジワジワ、自分のことばに自分で感動しています。(笑)

人にアドバイスしたくなるときは、実はそっくりそのまま自分に対するアドバイスになるとはよく言ったものだ…

 

 

 

で、 何故に感動かというと

 

 

 

昨日怒っている時にふと、

「この怒りの感情とも出会いたかったんだなあ、私」

と思ったとき、この先、ネガティヴな感情と出会うことが少し楽しみになった

 

 

ということも、関係しているのかも知れません。

 

 

 

 

 

私たちは

…いいえ、もう、「私は」としておこう、

 

私は

様々な思い込みの鎧を着ていて

 

それは、

女は男を立てなければならない

人に迷惑をかけてはならない

お母さんは子どもの気持ちを受け止めてあげるべき

こまめにお風呂に入り、身体を清潔に保たなければならない

限りあるエネルギーを無駄遣いしてはならない

お金はイザという時のために少しずつでも貯蓄すべき

 

なんていうものから

 

働かざる者食うべからず

 

なんてものまで。

 

 

ベキネバは

さもないと◯◯になる

ということへの怖れから来るもので

 

怖れのパワーは凄まじく、出来ない自分にバツを付けることへ繋がって、自信がなくなることで更に怖れが大きくなるというループな訳なのですが

 

そのループを「不幸のループ」として、それは嫌だからとにかく鎧を脱いでゆこう!なんて、

鎧にさえバツをつけて。

 

 

 

だけど、そんな鎧を着たのは

ネガティヴな感情を体験したくないという目的があったからで

 

確かに、少なくとも少しは、その鎧が、自分を守ってくれていたのです。

 

ベキネバやってると、少なくとも、あまり人に非難されないし。

オマエ、最低だな!!

なんて、あまり言われない。(笑)

(ただし、自分自身から文句を言われる→つまり他人への文句が出て来る、ということは多々ありますが)

 

 

 

 

 

だから、鎧よ今までありがとう、

ひとつまた、脱ぐよ、

 

およそ全ての感情を体験すること

それこそが、いまここに生きてる幸せなのだって気づいてしまったから。

 

 

 

あー

 

 

物心ついた時から

カルマか何だか分からないけれど

自分の怒りに振り回されて時にヘトヘトになっていた私が

 

人を好きになり

 

世界のいろんなモノをを好きになり

 

徐々に怒っている自分を許して

 

そして怒れる自分にさえもに感謝するようになって

 

 

ああ、よかった、

 

 

人生は楽しい。

人生は、安心。

 

 

 

乱文、失礼しました。

 

f:id:miatoya:20161122205459j:image

一歩、いっぽ。

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません、降板します。

 

blog更新が、随分久しぶりになってしまいました。

 

 

この間いろいろ楽し忙しく、心の面でも楽し忙しく過ごしていました。

 

 

あれから食べ物をいただくことが多く(みなさまblog読んで哀れんでくださっているのかしら…ホントに有難いです…笑)、美味しいお野菜などたっぷり食べて家内全員、ふっくらふくふくしてきました。(笑)

 

 

お金のことも、あまり気にせず暮らしています。

まあ敢えていうならば、「ピンチになっても楽しく切り抜けられる」という設定をそろそろ変えたいなぁと考え中。「清貧思想」(少ないお金やモノで美しく生きる)がけっこう好きなので、もう少しこのままでも良いのかもとも思いつつ…

 

 

そう、良いかなと思いつつ、です。

近頃ワクワクする夢がもうひとつ家を借りることなので、やはりお金さんにもう少し私のとこ訪ねてもらいたいなぁ

 

もうひとつ家を持つことの楽しみについては、またいつかの機会に。

 

 

 

 

 

一昨日、急に思い出したことが有りました。

それは、高校生のころ、部活の先輩に言われた

 

「みあ(小学生〜高校生まではこう呼ばれてた)はハンド部のオアシスだよ」

 

という言葉!

 

 

 

ガーーン!ショック。

何がショックかって、今家の中では私はオアシスどころかビビられて恐れられて気を使われる存在なのです(たぶん。)

 

それなのに、過去にはそんなふうに癒しの存在でいられた時があったなんて!

 

 

いやいや待てよ。っていうかさー、そっちがホントの私じゃないかよー!(泣)

 

 

出したものしまえとか、もうちょっと自分で考えろとか「無能!」とかの小言言ったり

人の揚げ足とるようなこと言ったりとか

 

 

そんなの、やりたくてやってるんじゃないんだよー

本当はやりたくないんだよー

 

 

 

むむ、要は、私は無能でニコニコしてたいのに、旦那が無能の席を取っちゃうからこうなるんだ!(←逆恨み)

 

 

 

よし、とにもかくにも、怒りの投球ピッチャー、降板しよう。

ルーキーは現れるのか???

それとも、他に居なくてやはり私が投げさせられるのか?

 

 

もう、私は野球(國井家)やめても良いから、投げたくないです、この必殺魔球は…

 

國井家自体が野球することを放棄する日もあるのかな

 

 

書いててよく分からなくなってきました、

 

しかもお腹空いてきました。

コロッケ揚げはじめよっと。

 

 

 

 

あ、一応。

野球好きな方、こめんなさい。

野球と私の怒りとは、何ら関係ございません。

f:id:miatoya:20161115181206j:image

もうちょっとで、大好きな、冬。

 

 

 

「ダダ漏れだからね♡」

 

 

 

改めて、ひとつふたつ過去記事を読んでみると

 

 

あーーあ、こんな事書いちゃって…って、思いますね…

 

 

これは色々、私に対する心配やら批判やらあっても仕方ないなぁ

 

でも、書く事自体が好きなんだから、仕方ないです。

嫌われる勇気、再起動、の心持ち。

思うままやって、嫌われたり好かれたりしていた高校時代のあの私のエッセンスを取り入れるのだ!(思春期には戻れないし戻りたくもないけれど、青春のエッセンスを、ね♡)

 

 

 

 

以前鼻息荒く宣言した「運転辞めます」についてですが、最近どういう訳か車の運転がそこまで嫌ではなくなりました。

 

 

理由のひとつは、誕生日プレゼントにオットがセカオワのCDをくれたので、それを聴いていること、らしい。…単純…。

セカオワ解禁は、私にとってはなかなか勇気のいることでした。でも、ブレーメン(動物殺処分ゼロプロジェクト)は心底素晴らしいし、彼らのやっていること、姿勢には、本当に尊敬の念を抱いています。

 

 

だから、今までちょっとザワッとして聴けなかった類の音楽(Jpop苦手なの…)を聴けるようにさせてくれたセカオワに、感謝です。

 

まさに恋をするって、こういうこと。

今まで苦手だったものを、恋することで自分の中にすんなりと受け入れる。

そーだ、恋の醍醐味って過去記事があったな、

 

 

そしてたったそれだけで運転が楽しくなるなら、好きなCDどんどん買おうっと

CD買うブロックを外すのです(次々増えてもしまう場所ない、お金の無駄、というブロックがあった)

 

 

 

 

話が逸れました、

 

車の運転が以前ほど苦痛でなくなったのには、思うにまだまだ理由が有ります

 

 

もうひとつは、最近やりたいことがやれている感じがしている、ということ。

やりたいことが他に有るのに、送迎なんて!という不満があったことに気がつきました。

やりたいことをやる(主に仕事)時間を自分のために確保してあげれば、ある程度は運転も送迎も楽しいのだな、と。

 

具体的に、やりたいことのために私がしていることは

 

1歳児を保育所の一時預かりに頻繁に投入(お金の心配に加え、「今が可愛い時なのに」思い込みでなかなか頻繁に預けられなかった)

 

そしてオットに子守や家事を頼んで、仕事、遊び!

子どもたちを預けて友人宅へ泊まりに行く、とかね。

最高に楽しい!

 

 

そう、やっぱり、我慢をやめること。

よき母(←そもそもなんでしょうね、ソレ。幻想、思い込み!)をやめること。

恐る恐るですが、徐々に板についてきました。

 

「運転、送迎」の陰に隠れていた、我慢。

 

 

 

オットのお誕生日に書いた手紙のこと、実践されてきている感じがします。

 

そして、オットとの関係も、やっぱり良くなってきたように思います。

少なくとも、オットに対する感謝とか、単純に好きだな〜って気持ちは増えました。笑

 

本当に良かった、下手ながらも(下手すぎて変な方向に振れすぎたり、)感情出す練習はじめて…

 

 

 

 

 

あ、タイトルの

ダダ漏れだからね♡」は、友人の言葉で、最近聞いて嬉しかった言葉。

 

 

実は

我慢していること

嫉妬していること

恨んでいること

 

実は

誰かを好きなこと

感謝していること

 

人って、口に出さなくても、いや、口では別なこと言ってても、実は全部ダダ漏れなんだって

 

そんなことを聞いてしまったら、

なんだか、嬉しい気持ちになりました。

 

どうせダダ漏れならば、

安心して本音を言っていける、と。

 

そして、本音を言えば言うほど信頼されるということも腑に落ちた

本音を言わなければ言わないほど、相手は確実に違和感をキャッチするということも。

 

 

 

 

 

なーーんだ、

 

自分のままで、良いのだ、結局。

 

 

世界は、やっぱり、優しい。

 

 

f:id:miatoya:20161104024743j:image

そして、世界はこんなに美しい …

 

國井家コント劇場〜死ねメモ事件と今朝のこと〜

 

 

 

実に更新が久しぶりとなってしまいました。

 

この間私はひとつ歳を重ね、また、大きな無謀な夢が叶ったのでした。

 

イキテルッテ、スバラシイ!

 

 

 

 

さてさて、

何やらオットが私をネタにblogを書いて、良い反響だと浮かれているので、くやしいので私も書きます(嘘です)

 

 

 

ある、何でもない夜のこと。

子どもたちを寝かしつけに行くオットに、

 

「今日どうしてもしたい大事な話があるから、1時間だけ、時間取ってくれない?」

と、お願いしました。

 

「いいよ!分かった」

 

そう、いつだって、返事は良いのです、

 

その後、あっという間に、静まり返る國井家…

 

子どもと一緒に寝てしまったオットを起こしにいきます。

 

子ども部屋のドアを開けた瞬間ガバッと起きる、オット。

 

起きてね!

 

と、部屋を立ち去る、私。

 

しかし、またまた静まり返る寝室…

 

待てど暮らせど、オットは降りて来ません(リビングは一階)。

 

 

やはり寝たな!アイツ…!

 

 

「どうしても今日だけは」「1時間だけ、お願い!」って頼んだのに

 

イライラ〜

 

もうこれ以上待つのはイヤだし、イライラしてしまった以上、また起こして話をしたとしても、「大事な話♡」どころではなく、イライラをぶつけて終わってしまう…

 

 

よし!

 

 

メモを取り出し…

 

 

「死ね」と書く私(笑)

 

(何となく平仮名で書きたかったけど、子どもたちが万が一早く起きたら見てしまうので、あえて漢字に)

 

 

机の見えやすいところに置いたなら…

 

 

 

安らかな気持ちで、お休みなさい…☆

 

 

 

次の日の朝。

いつものように、私より先に起きてお弁当を作ってくれているオットに、

 

「おはよう(爽やか)」

と、声を掛ける。

 

 

そしていつもの、日常が、始まるのです。

 

 

 

 

 

 

(笑)

 

 

ザ・引きずらない女と呼んで下さい♪

 

と言ったところで、さらに抵抗がある男の人は沢山いることでしょう…南無 

 

 

 

 

 

 

今日は盛りだくさんですよ、

 

ここからは今朝の國井家劇場のショートコントの話。

 

朝ご飯に次女が作ったジャムサンドを一歳児がちょっとかじって潰してしまった…

 

怒りを爆発させる次女

 

「もーーーー!やめてーーー!いやだ、もう、こんなの、たべたくない!!!」

 

「もーーー!なんでこんなことするの!!!(弟に対して)たべたくない!たべない、もう!新しいのつくって!」

 

などと、同じことを、ずっと、喚き散らかしている。

 

私はせっせと、新しいジャムサンドをつくる。

やばいぞ、幼稚園に間に合わない!

「今、新しいの作ってるよー」

 

「もーーー!なんでこんなことするの!!!!」

 

「大丈夫だよー。今新しいの作ってるよ」

 

「やだー!!なんでぐちゃぐちゃにするの!!!」

 

自分の喚き声で私の声が聞こえない次女に…

 

「人の話をきけっつーーの!今、新しいのできた!」

 

と、ついに怒鳴る私。

 

そこへオットがやってきて私に

 

「そんなこと言わなくていくねー?!」

 

とキレるオット。

 

 

(笑)

 

 

 

みんな、です。

 

みんな、みんな

 

「そんなことやめろ」

「そんなことやめろ」

「そんなことやめろ」

 

 

同じこと、ぐるぐると言い合っている、だけ。(笑)

 

 

さあ、誰が一番はじめに

 

ん?本当は私(俺)は何がしたい?と自問して、それを実践するのでしょうか。

 

誰が最初に「いち抜けた♪」するのか楽しみですね。

 

 

 

さぁーチャンスは、次に誰かがイライラした時…!

 

 

 

 

補足。

因みに、オットに殺意を抱いたことは、いまだかつて、一度もないです。

 悪しからず!◯

 

f:id:miatoya:20161210002335j:image

 

きらきら

ゆらゆら

 

 

 

笑える、お金の話。

 

 

またしても実験が、始まりました。

 

いいえ、「始まってしまった」のです。

 

 

 

 

國井家、子どもの将来のためにとかけていた学資保険を泣く泣く解約してできた僅かなプールを、月々の赤字補填で切り崩し、今まさに使い切ろうとしています、ゼロです。

 

ま、こんな状況になることは長女が私立の学校に転校した時から分かっていたことでも有りました、「想定の範囲内」です(懐かしいネ)

 

 

 

 

しかし、です。

 

そのかたわらで、私は今、握りしめている現金10万円が有ります。

みなさんにとってはたかが10万円でしょうか、今の國井家にとっては、10万円は大金です。

 

 

それをなんと…

 

今まさに、私は、その全てをフランスアンティークの器を買うことに使おうとしているのです!

 

しかもお店の仕入れ(これから現金を産むであろう投資)ではなく、自宅用に!

 

 

 

 

というのもです、今度私の大好きなシェフがいらして、お料理を作って下さることになっていて。その方に盛り付けに使っていただくのは、必ず、フランスアンティーク!とドキドキワクワクしてしまったのです。

 

 

もちろん、素敵な器たちは、我が家に残ります。

それも嬉しくて…

 

…(笑)

 

 

 

 

 

果たして来月から、どうなるのでしょうか。

見当もつかない。(笑)

でもきっと、大丈夫。

 

 

 

ひとまずは

 

今日から

 

「死なければOK」

 

を合言葉に、さらに笑いながら暮らそうと思います。(笑)

 

 

 

 

不安を取っ払って、最高にドキドキワクワクすることにお金を注ぎ込んだらどうなるか!

 

実験開始です。

 

ほんと、どうなるんだろ…(笑)

 

f:id:miatoya:20161012210413j:image

 

子どもたちから、お父さんへの、お誕生日プレゼント。宝探し形式でした。(笑)

 

 

 

足並み揃え…ない!

 

 

随分、寒くなってきました…。こないだまで夏だったのに!

もう直ぐ朝起きたら外が真っ白(霜で)かと思うと、切ないような、嬉しいような。

 

 

 

さて、今日の、ミニ実験メモ。

 

夕食を作っていたら、身体が冷えてきた!

病み上がりだからかしら、外が急に冷え込んだからかしら。とにかく、寒い、寒い!

 

そこに、夫帰宅。

 

全てを夫に託して(子どもたちに出来上がったご飯食べさせてもらって)

ひとり、お風呂を入れて、入る。

 

届いたばかりのシャンプーも使う♡

極楽〜〜〜

 

 

 

以前は寒い!と思っても、とにかく一緒にご飯食べちゃって子どもたちも一緒にお風呂入って、もしくは、夫にお風呂入れてもらってる間に夕食片付け…

とか、先ずは効率(?)優先していました。

 

それに、ご飯はみんな揃って食べなきゃね!

とか、無意識に決めていたのだと思います。

 

だから、子どもたちがなかなか食卓に集まらないとキーーッ!となったり。、

 

 

 

 

いや、もう、自分優先して、良いや。

 私も、みんなも。

いつもじゃないんだし。

 

というか、なんて、気分が良いのだ!

がまんしない、したいことする、というのは。

 

 

やりたいことやってやる!と息巻いております私ですが

 

こんな小さなところから、地味にがんばっております。

 

 

 

 

 

さてさて、

先日、夫のお誕生日でした。

 

付き合って10年。

来年は、結婚10周年。

 

そこで、私が書いた手紙の内容は…

 

 

私は、どんなひどいやつになろうとも、やりたいことやると、決めました。人間のクズになろうとも、とにかく自分らしく生きて、自分が愛と優しさの存在でしかないというところに行き着く(戻る)まで。

やるったら、やる!

今までも今も、色々ありがとう。

たとえこの先別れることになったとしても、感謝しています。

(要約)

 

 

 

 

お誕生日の日は、上の子2人がお友だちのお家に泊まりに行っていたので、ゆっくり話ができました。

 

前から度々話していた、婚外自由恋愛(パートナー以外のひとと恋愛OK)のこととか。

夫の、「恋愛したいんだよね〜。俺って恋愛体質だから」発言には笑った!

おまけに私の、次産むなら夫以外の子が良い発言も!(笑)

 

笑えるって、素晴らしです。

楽しいです。

これ、リアルな私たち夫婦を知らない方には笑えないかも知れませんが。

(知ってたら余計笑えないという話も。笑)

 

 

ざっくばらんに話せて、一緒にいるも別れるも自由と思うと、とーっても楽しい。

 

未来に希望が持てた、夫のお誕生日でした○

 

 

 

因みに、手紙☝︎は、感動していただけたようでした。素直が、一番。(笑)

 

 

f:id:miatoya:20161010235510j:image

栗の、季節です

本当の自信のつけ方。 Ⅱ

 

 

 

 

さて、そもそも、本当の自信とは?

 

 

 

きっと言葉で表すならば、

 

「ま、大丈夫◎」

 

って、チカラの入らない、気楽な感じなのだと思います。

  

実は自信を、つける、というよりは、自信とは「ある」ことを「思い出す」感じなのだとおもう…

 

タイトル、思いっきり「自信のつけ方」ですが。(笑)

 

 

 

では。

自信のつけ方、とっかかり

私がこれだと思った第一歩の方法は

 

 

 

☟ 

 

やりたくないことを やめる

 

がんばってやっていることを やめる

 

 

 

 

?! 

 

 

 

 

あれ??

ここ数回、blogのネタにしてたことじゃない…!(笑)

 

そうです、かなーり勿体ぶった、「嫌なことやめる」の結果報告その1でした。

 

 

 

やりたくないこと、ホンのちょっとでもやめてみたら、素晴らしくよかった、のです。

(具体的には、体調を崩しすぎて、車の運転(子どもたちの送迎)はじめ、無理してまでやってやるかー!と、いろいら半分ヤケになってやめられてただけですが) 

 

 

安心感と、自信○

これでいいんだーって。

大丈夫と思える。

 

 

 

 

それはなんでかって言うと、やってみて(やめてみて)分かるのが

 

自分に嘘をつくことは自分に対する最大の侮辱。

 

自分の望みを叶えてあげることは、あなたはそのままで素晴らしい!ってまるごと自分自身を認めてあげること。

認めてあげると、いつかの低いセルフイメージの子も、笑顔で元気な、すっかり根拠のない自信を持った子になるのです。(笑) 

 

 

 

そう、まるごと認められることで、自信は、つく。

 

 

 

それは分かっていたから、私は長年、人(パートナー)からまるごとの私を認めてもらい、そして自分に自信をつけようと思っていた、なーんてこともあったのでした。

 

ハズカシイね…(笑)

 

 

 

  

「自分で自分の欲求を満たしてあげる」って

色々な人が色々なところで言ってくれていて

それで有難いことに、私も気づきをもらえた。

 (なかでもがんばらないことをがんばる達人、子宮委員長はるちゃん、Happyちゃん、ありがとう。)

 

 

 

 

 

 改めて。

自分の好きとか嫌いとかの感覚を優先するって、こんなにも大変なことなんだなと日々、感じています。

 

世間の目。

親の目。

自分の(思い込みの)目。

 

大変だけど、でもなんとかがんばりたくて、時にこんな恥ずかしいblogも書きつつ、自分と向き合っています。

 

 

自分の好きを守れたら、たとえ嫌われたって(ちょっぴりさみしいけど)清々しい。

 

そのちょっぴりさびしさを含んだ清々しさが繋がって、いまここ、素敵な世界に私を連れて来てくれたってことも、本当はよく分かっているのです。

 

 

 

 そして、

 

私も、今この記事を読んで下さっているあなたも。

 

今も幸せですけれど、

もっともっと幸せになったっていいんです。

 

 

 

 

 

 

長々と読んで下さって、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 f:id:miatoya:20161003154317j:image

玄関に、子どもたちの集めた秋の草と、実が。

綺麗!