読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我がまま。

 

 

 

久しぶりに、熱を出して、寝込んでしまいました。

 

そして1日中、布団の中で本を読んだり、眠ったり。

赤ちゃんの面倒も、旦那が見てくれて。

とても楽しいひとり時間を過ごせたのでした。

 

 

 

休みたい、

眠りたい。

 

ささやかなワガママを言える

妊娠中と病気の時は

幸せだなー

 

と、思います。

 

でもそれは、

「人に迷惑をかけてはいけない」とか

こうあるべき、こうしなきゃいけない

 

の思い込みを外すことに

私自身でOKを出せる(と、いうことを決めてる)、というだけの話な訳で。

 

実は妊娠中でも病気でもないときにこの素直な欲求を通すために

 

不機嫌

怒り

 

という

そっちの方が周りにとっては甚だ迷惑なツールを使っていたりするのです。

 

たとえば

 

迷惑をかけないために休まない

はずなのに

怒って迷惑をかけている

 

という、事実…(笑)

ああ、可笑しい…○

 

 

 

 

 

さて、今回病気のおかげで気持ちよく休めた結果はというと

 

①私が行けないことで迷惑をかけると思ったけど、実は私いなくても全然問題なかった

 

②回復してから。精神を患ってる方に罵られても、お店の売り上げがヒドイ結果でも、気分良くいられた。→みんなのことをナチュラルに好き!と思えた。

 

 

 

ということで、

自分に優しくしてあげることの大切さをまたまた痛感。

 

そしてとても気持ちの良いことなのだから、普段から自分に優しく、なるべく我がままに居させてあげよう、と

改めて思う次第です。

 

(そのためには 怒り や 恐怖 も、自分らしく生きるためのツールであると分かった上で、使ったらいいのだと思います。)

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんや小さな子どもたちは、我がまま 

 

だから

 

世界も人も

大好きでいられるのかな

 

我がままでいられなくなったとき

 

世界を人を

正義と悪でジャッジしはじめたりたり

「自分を攻撃する人」「味方」という視点で見始めるのかな

 

 

 

 

そんなことが、ふと

浮かびました。

 

 

 

分からないけどね。

 

 

 

 

f:id:miatoya:20160627121116j:image

追記。

赤ちゃんは どの瞬間も、母親の傍に。

という、思い込みを外して

お金を惜しがる気持ちも開放して

1日中2時間という自分時間を手に入れたなら

縫い仕事ができる幸せ、本当の満足感が待っていた

 

そしたら赤ちゃんも赤ちゃんで、私がいないところでも楽しくやっている

 

お互いに、充実の時を過ごしてまた一緒に楽しめる

 

という、事実。