読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋するように。

 

 

お金との付き合い方を考えています。

 

きっかけは、4年くらい前、図書室で「ザ・マネーゲームから脱出する法」という本を、借りて読んで大大ショックを受けたことでした。

 

 

 

それから、色々と有りました。

 

 

 

長女の不登校、そして私立の学校へ転校。

その時のお金に対する恐怖。今でさえキューキューな生活なのに、月5万の学費なんて払えるわけないじゃん!って。

 

でもやがてそれも、

神様からトントンと優しく肩を叩かれ、

「使わず稼がず、おだやかでスローな幸せな生活を目指してるようだけど、アナタ、今世には、きちんとお金というエネルギーを回す練習も入ってるからね」

と言われたのだなー、と、理解して。

 

 

それから、

 

絶対にやる、いく、買う

 

と決めたら、ちゃーんとお金が来てくれることを身をもって実感したり。

 

 

他には、

お金を「あげたい人にあげる」という投票のようなスタンスで買い物をしているうちに、お金を使うのが楽しくなり、しかもあげたい人の幅も広がり続け、大概は喜びと共にお金を流してゆけるようになってきて。

 

 

そしてそして

最近チャレンジしているのが、

 

恋するもの、こと

にお金を使うこと。

 

それは

「この人といられるなら、他には何もいらない!」という、あの感じです。

(実際にはその人だけじゃだめなんだけど、そういう気分、っていうアレ)

 

「この服が着られるなら、しばらくは納豆ご飯だけでいい!」

「これが食べられるなら、しばらく服なんて買わなくていい!」

 

恋する対象は、様々です。

 

 

 

でもね、考えてみたら、学生時代までは、そうだったのです。

旅行に行くためのお金を貯めるなら、何でもできた。

ワクワクドキドキ、トキメキ♡のためなら、我慢が我慢ではなくなるのです。

 

 

 

きっと多分、どこからか、常識人のフリをしたくなったのでしょう。

 

そうだなぁ、

守るべき(と、勝手に思い込んでいるもの。例としては、子どもたちとか)ものを守れないかも、という、恐怖。

乗り越えて、生きよう。

 

 

先ずは、自分に、恋して

自分の叶えたいこと、全力で叶えてあげる自分になろう。

 

 

 

 

自分が自分の、一番の、恋人。

 

 

 f:id:miatoya:20160705214652j:image

 

猫を見よ、だ。