読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとを好きになること。

 

 

 

高校に入学して、しばらくたったころ。

 

好きなひとが、できました。

 

話したこともないのにお互い、好き同士で

 

運命の人!

 

と、おもったものです。

 

 

 

 

そのひとのことがとにかく好きで好きでたまらなくて、

 

まさに寝ても覚めてもその人のことを考えて過ごしました。

 

 

 

 

付き合いはじめて僅か3ヶ月で

 

他に好きな人ができたから別れて

 

と、瀕死状態になるような一撃を見舞わされることになるのですが

 

そんなことを差し引きしても、

今おもいだすと、あんな風にひとを好きになれたこと

 

幸せ以外の何物でも、有りません。

 

 

 

 

 

ある日、そのひとはね、言ったんです。

 

あまり眠らなくても元気でいられたらいいのに、そしたらもっと色んなことができるのに、なるべく寝たくないなー、って言う私に。

 

なんで?

寝るのって最高に気持ちいいじゃん!オレは出来るだけ寝たいよ。

 

って。

 

些細なことだけれど、本当に驚いた。

 

人ってひとりひとり違うんだなって、その時やっと、腹の底から理解できたのかも知れません。

 

 

 

 

そっか、寝るのも、いいよね。

って、ふっと可笑しくなる。

 

 

 

ひとの喜びが自分の喜びになること。

自分の固定概念が崩されて、喜びの枠がどんどん広がってゆくこと。

 

私にとっては、それが恋愛の醍醐味なのです。

 

f:id:miatoya:20160908212627j:image