読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諦めない。

 

 

突然ですが、作家さんのモノづくりが好きです。

作らなければ、そのひとは生きていられないような…

神様のお仕事のような、モノづくり。

 

 

 

だけど、普通のひとが普通につくったものも、とてもグッとくることが多々あります。

それはどんなものかというと

私は今まではそれを「愛情を感じるもの」と表現していたけれど、きっとこっちの方が、ぴったりという言葉を見つけました。

 

「幸せを諦めなかった跡が残るもの」

 

 

 

 

どんな状況にいても出来ることが、ある。

そんな風に、おもいます。

 

物質的に恵まれていても、いなくても

状況や環境に恵まれていても、いなくても

 

私たちは、幸せでいることを選択することが、出来る。

 

 

 

 

 

 

話は大幅にかわりますが、どんな状況にいても、と書いて強制収容所を思い浮かべました。

 

悲惨なことです。

 

(そんなことが、どうしておこるのかな。

私はきっと前に書いた「いじめの原因」と同じなんじゃないかなと、思います。)

 

でもきっと、きっとね。

そんな状況でも幸せを選択することは、出来るのですよね。

 

如何なる人も、他人の身体を傷つけることはできても、心は傷つけられません。

自分の心を傷つけることが出来るのは、自分だけ、なのです。

 

 

心は、いつだって自由だから。

自分が自分の心に、自由になることを許しさえすれば。

 

 

 

 

こんなことを書くのは、ちょっぴり心が不自由な気持ちがしているのかも知れません、今、私自身が。

 

人のせい、は、ない。

心は全て、自分の責任であり、

だからこそ、面白いのだと思います。

 

「責任」というと何だか重たいけど。

そして「人のせい」、は、決して「悪」なわけでもないけれど。

 

 

 

人間の可能性を信じたい。

自分の可能性を信じたい。

 

 

 

 

人も自分も、本当は、もっともっと、限りなく優しい存在なのだと

だからみーんな幸せになって良いのだと

 

 

何故か幼い頃からずうっと、そんな信念だけは、有るのです。

 

不思議。

 

f:id:miatoya:20160914040708j:image

 

今日はまとまりないなぁ…

でも書きたいことが書けて(ホンネに届いて)満足。