読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の自信のつけ方。I

 

 

 

本当の自信て、どんな風につけたら良いのだろう。

 

 

小さな頃から、ずっと疑問でした。

本当に知りたかった。

 

 

 

だって頑張って人から認められたとしても(しかも私の場合、頑張ってもあまり成果は得られないのだけど)、どこか虚しい。頑張ると疲れる…全然自信がつかない。

 

 

 

そんなモヤモヤするときがありつつ、

なぜか、なぜだか、全てがとっても上手くいっちゃって幸せな時もいっぱいありつつ。

 

 

 

 

ここにきて、色々な謎が解けはじめています!

 

 

 

 

私の場合、そもそものセルフイメージが低いのですが、そのお話からさせて下さい、

 

それは、物心ついた頃に母親が精神的にも肉体的にもボロボロだった時期だったことに由来しているのだと思いあたりました。

 

 

 

 

母親を幸せにしてあげられない私には、力がない

 

 

 

 

さらにいい子に、できる子になって母親を喜ばせようとがんばるも…

 

 

 

こんなにがんばっているのに母親を幸せにできない私には、やはり力がない

 

 

 

 

や、無理でしょ!(笑)

てかアンタ(自分だけど)にカンケーないし!(笑)

 

って感じなのですが、子どもは本気だからスゴイわ〜

 

 

そんなわけで当時そんなふうに意識は勿論していなかったのですが、「力のない私」のセルフイメージが着実に作られたのでした。

 

 

 

 

「こどもが親の不幸は自分のせいだと思う」

これはよく知っていたことですが、

 

先日聴いた、心屋仁之助さんのPodcastで、ようやく自分のこととして落とし込められました。

 

 

 

と、いうより、大発見!でした。笑

 

 

 

「私には力がない」と思っている子が壁に当たると、果たして、どーなるか…

 

かの植松電機の植松努さん(好きです!)

https://m.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY

も仰っている

「どーせ無理」って、人から夢を奪う黒魔法の言葉を、なんと自分自身に、かけちゃうのです!

 

 

 

「どうせ私には無理」を使いたくないときは(☜注:無意識です)例の定番、「私は悪い子だから」を使い、納得していたのです。

 

 

 

 

 それは、すべて、

 

母親を幸せにしたい

母親を嫌いになりたくない

 

という、こども心なのです…(涙)

 

 

 

 ってだから無理だし!(笑)

なんだい、勝手だなぁ!こどもって!(笑)

 

 

 

 

そんな私が身をもって気づいてしまった、本当の自信のつけ方とは。

 

 

Ⅱ  へ、続く!

 

 

f:id:miatoya:20161003095203j:image

ナナカマド、子供の頃から好きなんだよなー

可愛い赤い実♡