読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

國井家コント劇場〜死ねメモ事件と今朝のこと〜

 

 

 

実に更新が久しぶりとなってしまいました。

 

この間私はひとつ歳を重ね、また、大きな無謀な夢が叶ったのでした。

 

イキテルッテ、スバラシイ!

 

 

 

 

さてさて、

何やらオットが私をネタにblogを書いて、良い反響だと浮かれているので、くやしいので私も書きます(嘘です)

 

 

 

ある、何でもない夜のこと。

子どもたちを寝かしつけに行くオットに、

 

「今日どうしてもしたい大事な話があるから、1時間だけ、時間取ってくれない?」

と、お願いしました。

 

「いいよ!分かった」

 

そう、いつだって、返事は良いのです、

 

その後、あっという間に、静まり返る國井家…

 

子どもと一緒に寝てしまったオットを起こしにいきます。

 

子ども部屋のドアを開けた瞬間ガバッと起きる、オット。

 

起きてね!

 

と、部屋を立ち去る、私。

 

しかし、またまた静まり返る寝室…

 

待てど暮らせど、オットは降りて来ません(リビングは一階)。

 

 

やはり寝たな!アイツ…!

 

 

「どうしても今日だけは」「1時間だけ、お願い!」って頼んだのに

 

イライラ〜

 

もうこれ以上待つのはイヤだし、イライラしてしまった以上、また起こして話をしたとしても、「大事な話♡」どころではなく、イライラをぶつけて終わってしまう…

 

 

よし!

 

 

メモを取り出し…

 

 

「死ね」と書く私(笑)

 

(何となく平仮名で書きたかったけど、子どもたちが万が一早く起きたら見てしまうので、あえて漢字に)

 

 

机の見えやすいところに置いたなら…

 

 

 

安らかな気持ちで、お休みなさい…☆

 

 

 

次の日の朝。

いつものように、私より先に起きてお弁当を作ってくれているオットに、

 

「おはよう(爽やか)」

と、声を掛ける。

 

 

そしていつもの、日常が、始まるのです。

 

 

 

 

 

 

(笑)

 

 

ザ・引きずらない女と呼んで下さい♪

 

と言ったところで、さらに抵抗がある男の人は沢山いることでしょう…南無 

 

 

 

 

 

 

今日は盛りだくさんですよ、

 

ここからは今朝の國井家劇場のショートコントの話。

 

朝ご飯に次女が作ったジャムサンドを一歳児がちょっとかじって潰してしまった…

 

怒りを爆発させる次女

 

「もーーーー!やめてーーー!いやだ、もう、こんなの、たべたくない!!!」

 

「もーーー!なんでこんなことするの!!!(弟に対して)たべたくない!たべない、もう!新しいのつくって!」

 

などと、同じことを、ずっと、喚き散らかしている。

 

私はせっせと、新しいジャムサンドをつくる。

やばいぞ、幼稚園に間に合わない!

「今、新しいの作ってるよー」

 

「もーーー!なんでこんなことするの!!!!」

 

「大丈夫だよー。今新しいの作ってるよ」

 

「やだー!!なんでぐちゃぐちゃにするの!!!」

 

自分の喚き声で私の声が聞こえない次女に…

 

「人の話をきけっつーーの!今、新しいのできた!」

 

と、ついに怒鳴る私。

 

そこへオットがやってきて私に

 

「そんなこと言わなくていくねー?!」

 

とキレるオット。

 

 

(笑)

 

 

 

みんな、です。

 

みんな、みんな

 

「そんなことやめろ」

「そんなことやめろ」

「そんなことやめろ」

 

 

同じこと、ぐるぐると言い合っている、だけ。(笑)

 

 

さあ、誰が一番はじめに

 

ん?本当は私(俺)は何がしたい?と自問して、それを実践するのでしょうか。

 

誰が最初に「いち抜けた♪」するのか楽しみですね。

 

 

 

さぁーチャンスは、次に誰かがイライラした時…!

 

 

 

 

補足。

因みに、オットに殺意を抱いたことは、いまだかつて、一度もないです。

 悪しからず!◯

 

f:id:miatoya:20161210002335j:image

 

きらきら

ゆらゆら